2022.01.18

ホワイトペーパー

デジタルツインを活用した、意思決定の高度化・効率化

 

VUCA時代においては、複雑な状況に連続的に対応していけるかが競争力を大きく左右する。
デジタル空間上で「試作/試運転・評価・改善」を繰り返し、効果・コスト・リスクが検証済みの最適施策を現実空間で実行することで、精緻な意思決定を安価・安全・高速に遂行していく。

 

 

デジタルツイン・メビウス

デジタルツインを活用した意思決定の2重ループ

 

セットアップ:実行環境の準備・調整

デジタル空間では、シミュレーションの準備・調整
現実空間では、製品・設備・プロセスの準備・調整

 

見える化:実行結果の取得と把握/理解

デジタル空間では、「どうするとどうなるか」を多数回のシミュレーション結果から可視化
現実空間では、「今どうなっているか」を実際の機器や設備から観測されるデータから可視化

 

分析:効果・コスト・ボトルネック・リスク等のKPI群を算出

デジタル空間では、シミュレーションで設定した仮想的な状況におけるKPI群を予測
現実空間では、観測データを取得した実際の機器や設備におけるKPI群を算出

 

対処:施策の改善・最適化

デジタル空間:シミュレーションによる試行錯誤で、より良い/最適な施策を発見
現実空間:現実の様々な外乱の下での実行結果から改善・最適化すべき対象を同定

 

作用:二つの空間の往来

デジタル→現実:発見された改善・最適な施策を現実空間でオペレーション
現実→デジタル:環境変化や外乱も含めた製品・設備・プロセスの特性をフィードバック

 

これらのステップを正しく構築し、現実空間とデジタル空間上で巡回することで、安価に、短期間に、簡単に意思決定に必要な施策検討が可能となる。

以下よりダウンロードいただけます